睡眠の重要性

スタンフォード大学での研究で、7時間前後の睡眠時間をとっていると、健康を維持できるようです。

睡眠不足になると、脳震盪を起こした状態と同じになり、急激に判断能力が落ちてしまうそうです。ですから交通事故や、仕事のミスなどを連発するようです。

なんと、6時間でも睡眠不足らしくあまり良い判断はできないそうです。

さらに認知症のリスクが高くなるようです。

アミロイドβと言う異性化タンパク質が、脳みそにへばりつくことで、認知症になることがわかっていますが、7時間前後の睡眠を定期的にとっていると、アミロイドβが洗い流されると言う実験結果が出ているようです。

しかし、現在の日本で7時間から8時間の睡眠を毎日取る事は、ビジネスマンも難しく、主婦の方も忙しく、老人は眠れずに、なかなか8時間ちかく睡眠をキープすることができません。

現在私が挑戦しているのは、22時に就寝する挑戦をしています。

そこに、数霊波動システムミニをつかい、安眠の波動水を作って飲用します。

これを習慣にして、睡眠時間を確保できれば、健康を維持できる確率が飛躍的に高くなると思います。

香川県高松市の整体
難病 疲労 気功
090-1176-8726担当谷までお気軽にご予約ください。20時まで予約可能です。

交通事故の保険も取り扱い可能です。交通事故でお困りの方は、ご相談ください。