受動喫煙

日本禁煙学会理事長
作田学さんに聞くより

日本では年間15,000人が受動喫煙で死亡しています。

それは交通事故死亡の4倍

タバコを吸わない人が、受動喫煙すると、肺がんや脳卒中、心筋梗塞、喘息、呼吸器疾患、認知症などになる危険が倍増します。

乳幼児突然死症候群のリスクは4.7倍にもなります。

換気扇を回しても、室内にタバコの有害成分は拡散します。

ベランダで吸っても、窓から煙が入り込み、さらには近隣住民にも大きく影響します。

喫煙後30分は呼吸するたびに、肺に残っている有害物質が排出されます。

服屋上についた有害成分が蒸発して周りに拡散します。



解毒能力を向上させる施術は、香川県高松市の整体院担当谷まで090-1176-8726お気軽にお問い合わせください。