交通事故や怪我について

フランスのオステオパス(治療家)である、ジャンピエール・バラルの著書から

 

①体は記憶力が良い

②肉体的衝撃、感情的衝撃であろうが記憶します

③事故は千分の二秒で無意識に記憶されます

④事故の恐怖も記憶されます

⑤事故後に感染症になる場合も多い

⑥関節は感情をストックしている

⑦脳も様々な感情をしまいこんでいる

ーーーー

怪我や肉体的衝撃は、⑥関節にストックしている感情⑦脳にしまいこんでいる感情、を呼び覚まし痛みとして表現している

ーーーー

当院は交通事故施術を扱います

その経験より

○事故後に感染症になる(昨年は42歳の男性が事故後におたふくかぜになりました)

○事故の恐怖で声と体と心がバラバラになっている

クライアント様が多くいらっしゃいます

○本人はあまり気づいていません

ーーーー

初回から、術者がそれに気づき、それらを改善できるような治療計画をたて実践することが肝要です。

 

当院では、それらの経験が豊富ですので一度ご相談ください。

ーーーー

 

交通事故施術なら

香川県高松市三条健康堂

10:00~20:00

月曜お休み

090-1176-8726

担当:谷

お気軽にご相談ください