中西俊幸に聴く 波動測定

今回からはじまりました

潜在意識リーディング協会

理事長 中西俊幸氏へのインタビュー

 

中西氏は物品測定の匠として

植物園の研究所に在籍して測定をおこなぅている方です。

 

興味深い話が聞けると思いますで

最後までお付き合いください

 

ーーーー

 

私は、波動を意識だと思っています

波動=意識という表現がしっくりきています

 

物にも波動があります

それは、物にも意識があるということです

 

物品測定において---

物の波動とは、

物の波動=物の意識が

人にどう影響をあたえるか?

 

要するに

 

物の意識が人に与える影響

 

を測定しています

 

-------

 

また、波動の強さとは

高い

低い

強い

弱い

に限定されるというよりも

 

低くても、強いものがる

というようにとらえています

 

例:怒り ののしり など

 

ーーーー

日本の波動測定に対する歴史観

 

波動の乱れは沢山ありますから、

どれか根本的なものを見つけるわけです

そこから「芋づる式」に。。

 

という発想の中で

修正コードができあがるわけです

 

非共鳴を検出して

どんどん深いエリアを修正しようとしてきたように思います

 

ーーーー

 

上記のような発想を

したのは、江本会長です

 

江本会長のひらめきは「すごい」と思います。

古参のオペレーターもみんな口をそろえてそう言っています。

 

江本会長と大木理事は

すごく似ていると思います。

(波動に対する発想)

 ーーーー

波動測定は絞り込んでいく

というオペレーターの姿勢が大切だと思います

 

根本は何か

それを絞り込んで探す

 

という

古参オペレーター達の思想を

忘れないでほしいと思います

 

 

次号へつづく

090-1176-8726