受験/高松 出し切って欲しい

 

とうとうやってきました。

このシーズンが。。

 

THE お受験!

ーーーー

本人も親御さんも

真剣になる時期ですね

ーーーー

さて、本日いただいたご依頼です

ーーーー

来月から滑り止め受験が始まるので

その時にも成果がでるように。。。

ーーーー

 

余談ですが

私は大学時代にずっと家庭教師をしていました。

 

4年半やり続けましたが、その中で学んだことがあります。

 

それは、

①合否はどうしようもない。

②全力で取り組むことに意味がある

③全力で取り組み、追い込まれたときに、視野がひろがるようなアドバイスをすると、その後の人生で応用力が効く人間になる(進学後も付き合いがあった教え子をみていて痛感)

④滑っても、その先に幸運がある場合がある。そこでかけがえのない友達や先生や思想に出会う。

 

ーーーー

 

受験について

ひとことでいうと。。。

「コツコツやって、全力をだしきる!」

 

ーーーー

 

これにつきます

結果は勝手にでますから。。。

 

ーーーーー

 

さて

そんなときに

波動測定ではこんなお助けができます

 

受験生の

心の中に潜む

 

ある

キーワードが

 

本番で全力を出し切る邪魔をします

 

それを解除する

波動水をつくります

 

ーーーー

 

それを

マーカーコードにいれて。。。

 

KS02で測定すると~

 

 

 

 

でました~

 

てか、

バージョンアップメンテナンスしてから、測定結果がわかりやすすぎ~

 

メンテしてよかった~~~~

 

ーーーーー

 

①上位8コードのなかに連複があり(隠れて)

②さらに、支配的 傲慢 が。。。

 

ーーーーー

 

マーカーコードにした

キーワードが作用して

 

ものごとを思い通りに(支配的 傲慢)しようとするようになります。

 

さらにそうなっていることに気づきにくい(隠れて)ということは、かなり強力に作用するということです。(支配的、傲慢)

 

恐ろし~~

 

ーーーーーー

 

これがテスト中にでると~~~

こんな事になります

 

 

 

●ケアレスミスが連発します(凡ミス)

 

理由は簡単です。

テスト中こそ直観が冴えなくてはいけないからです。記憶は脳にしまってあると考える方もいるようですが、実感としてはクラウドシステムから、引き出すという方が理にかなっているようです。引き出すときに自我(思い通りにしたい欲求)があると、うまく引き出せないのです。

 

簡単な問題はいいのですが、難しくなったり、考え込んだりすると、クラウドシステムから引き出しにくくなるのかもしれませんね。

 

補足:唯識でいうところのアーラヤ識や、ホログラフィック理論などを参考に

 

ーーーーー

 

さて

 

引き出せるようにしてあげて、全力を出し切れるようにお手伝いをしてあげますよ~~

 

注意:測定はもう少し深く行い、①集合的無意識 ②ユング的な夢という意味 ③●障 と読み解けるような測定結果でしたのでそこも考慮しております

 

ーーーーー

 

最後に

 

マーカーコードに入れた

あるキーワードが気になる読者の方もいるかもしれません。

 

ーーー

 

受験生に潜む

ある

 

心のキーワード

 

。。

 

 

。。

 

 

それは

 

劣等感

 

です

 

。。

 

。。

 

 

 

ーーー

 

 

競争は比較することから始まります

勝る

劣る

の繰り返し。。。

 

現世を絵にかいたような

修行の場ですね

 

そこから

何を学び、何に気づき、どのように意識成長するのかが、本当の意味なのかもしれませんね。