絶望の連続

 

あるクライアント様

 

さまざまなことがあり、どれだけ努力しても結果にはつながらない。もう10年近くその状況だそうです。

 

やはり組織(会社)に所属すると、努力だけではどうにもならないことだらけ。。。

 

ーーーー

 

とうとう

メンタルクリニックへ・・・

 

お薬の現実をしらないので

お薬を飲んでいるのですが。。。

 

なんか

おかしいぞ

 

体の異変

朝のけだるさ

 

が尋常ではない

 

ーーーーー

 

来院

 

ーーーーー

 

○波動カウンセリング

○波動風水

○ついでに、ツボ押しとテーピングまで

 

もちろん費用はかなりかかりますが、クライアント様はご満悦でした。

 

ーーーーー

 

最近の波動カウンセリングの方法は、

クライアント様の体にダイレクトに聞くという方法です。

 

①気持ち悪い部位、もしくは気がこもっている部位をタッチしてもらう。

②その状態で、KTS-PROで計測する

③体の気の流れを、音で表現するKTS-PROは、測定中に同じ音をクライアント様と共有できるのが嬉しい

④すると、自然にクライアント様が話出す

⑤そこを谷は狙っている

⑥そう、スナイパー谷は、核心のみをあぶり出し、測定するのが得意なのです

 

ーーーー

 

核心を言葉に。。。

 

できない方がほとんどです

 

これは当たり前なんです

 

じつは

どんな痛み?

どこが痛い?

 

と聞いても

的確な答えが返ってくることはありません。

 

ですから

ペインスケールという概念が整形外科領域で使用されるわけですね。

 

それと同じで、

苦しみの核心は

明確に言葉にはならないのです

 

ーーーーー

 

そこで

あいまいに、その部位をあぶり出し、タッチしてもらうのです。

 

そして、その部位の音を、術者と患者が共有することでふつふつと潜在領域から、あれこれが湧き上がるのです。

 

そこを測定して、

修正コードをひろって。。。。

 

ーーーーー

 

 

言葉がわき出てきてもいいし

言葉では表現できない「何か」でもいいんです

 

言葉はなくても

「感じ」だけでも

いいんですね。

 

それをもとに

波動水をつくって

 

言葉にならないまま

回復してもいいんです

 

明確にしてもいいし

明確にしなくてもいいんです(笑)

 

ーーーー

 

ついでに

地場や水脈も関係するし。。。

 

そこでKTS-PROをつかって風水したら、納得してくれるんですね。

 

さらには、世界の環境問題や社会問題とも

密接に関係しているって。。信じてくれます??

 

でも

本当に関係しているんです

 

 

 

本当に

自他不分離です

 

ですから

その部位だけを測定するという分離、分別した測定を主眼にしてしまうと、あまり効果がでないようです。

 

ーーーーー

 

ブッダは何を悟ったのか?

一言でいうと、「縁起の理法」だそうです。

 

縁起とは、「つながり」「関係」のことで、関係やつながりなくして、「私」は存在しないという「事実」を、悟ったと言われているようです。

 

ーーーーーー

 

関係してるわけないと

思い込んでいるあれこれが

 

やっぱり

あなたに関係している

 

それを明確にする必要もないけど

音は「その感じ」を表現してくれている

 

その音を術者と患者が共有して

 

なにかを

思い出させる

 

 

ーーー

 

 

ーー

 

日本式の波動カウンセリングの醍醐味は

そこにあるのかもしれませんね。。