[いいこと]電磁波過敏症の対策

 

電磁波過敏症の患者さま

本当に辛そうです

 

しかも

電磁波過敏はあまり認知されないので

 

神経質だとか

おかしいのでは?

 

という

偏見で見られるケースも多々あります

 

ーーーーーー

 

電磁波グッズについての私見

谷の私見:電磁波グッズには2通りあります。①電磁波を吸収する素材で、電磁波をそこで熱に変換するもの。②電磁波を受けても影響されないように、体の波動を一定のレベルに保つもの

 

ーーーーーー

 

谷はどちらも

好きです!!!

 

なんせ、グッズ大好きですからね〜

 

ーーーーーー

 

昨日お越しいただいたクライアント様は②のタイプのグッズを使っていました。

 

ーーーーーー

 

谷の電磁波対策

①家の電気をアース工事しよう

②アーシングシーツやマットなどで、寝具をアースグッズに変えよう

③裸足で海辺や公園に行こう

④気功をしよう

⑤食べ物を変えよう

⑥掃除をしょう

⑦ぬる党になろう

 

ーーーーーー

 

①と②の説明

家のコンセントをアースできるように工事しましょう。するとアーシングマットで電磁波を抜くことができます。これは体内静電気と呼ばれ、かつては堀医師の著書などが古くからあります。体内静電気は本当に厄介だと気付かされる書籍でした。

 

ここで簡易対策の説明

①コンセントの左右に検電器をさす

②光らない方がアースです

③そこにコードをさして

④マットにつなぐと

⑤やはりアースできます

 

注意:できるなら、アース工事をきちんとしてからそのようにしてください。

 

ーーーーーー

 

面白いのですが

アースマットに乗って

ストレッチすると、体が柔らかくなります

 

帯電すると体が硬直している証拠ですね

 

ーーーーーー

 

谷が好きなマット

 

在庫があとこれだけになりました

 

①アーシングマットは高価(寝具になると3万円以上)

②電磁波が抜けるのはこの宇宙開発マットがダントツ

③しかし、半年くらいでアルミがはがれてくるので永久使用できない

④三条健康堂の販売価格は寝具セット 枕サイズとシングルサイズのアーシングマット、検電器、コードつきで10000円と安価

 

ですので

お試しとしては、いいかと思います。

 

といっても

谷は毎日この上で寝ていますが。。。

 

 

注意:家のアース工事はなるべくしておいてくださいね。

 

静電気の抜けは、マットの表面積の大きさに比例しますから、やはり寝具サイズがいいと思います。

 

ーーーーーー

 

 

 

では③以下の説明です

海辺や土の上を裸足で30分いるだけで

体はアースされます、ほぼ完璧に抜けます

 

ですから

アースしに自然の中へ行くことを習慣にしてくださいね

 

では④気功は?

そうですね。アースグッズに2タイプあるように、電磁波に負けない体作りがきほんですね。気功は効果的です。機会が伝授させていただければと思います

⑤たべものは?

電磁波過敏とグルテンや糖は関係していると思います。そのようなクライアント様は必ず腸に問題が見つかるのです。ですから小麦や白砂糖を控えてくださいね。

⑥また鼻腔にウイルスやダニ反応が出ています。これは寝具やハウスダストが原因です。毎日の掃除は欠かせませんね。これだけで電磁波に強くなる体が作れます。

⑦ぬるい?

冷たいものにお腹は反応します。それだけで体のパワーが弱ってしまいます。ですから冷たいものよりも、ぬるいものを食べる、飲む、くせをつけてくださいね。

ーーーーーー

 

電磁波といっても

やはり体を強くすること

 

生活習慣を変えること

は、必須ですね

 

ーーーーーー

 

病気治しは生き方直しです

 

ーーーーーー

 

心のくせ

毎日のくせ

 

を修正することが

基本ですね