[毎日]ぶるぶる整体をする理由

 

ぶるぶる整体をする理由

ーーーーーーーーーーー

 

もう20年近くこのお仕事をしていますが、ようやく整体をする理由を説明できるようになりました。それは故:福村一郎先生の本を読んだことがきっかけです。

 

先生は「体の弱いところに、健康な臓器も筋肉も神経もすべて足並みをそろえる」という趣旨のお話しをされています。

 

谷はこれに「感服」しました。

 

その通りですよね

 

 

どういうことかといいますと、

体は一つの「ユニット」です。

 

ばらばらにできません。

 

マラソン大会では、先頭集団とビリ争いに大きな差がでます。これは「ユニット」ではなくて、「個々」で争っているからです。

 

しかし、体はそうはいきませんね。「ビリ争い」をしていて、「体力も限界」「息も心臓もバクバク」している臓器を切り離すことはできないので、そこにペースを合わせるのです。

 

すると、「元気」が少し下がった状態で生活するようになります。しかし、私たちはそれに気づくことがありません。

 

 

 

そのとき、体は待っています

助けがくるのを、待っているのです

 

 

①ぶるぶる整体で体を活気づけて、自然治癒力を出す

②体内毒素を排泄して、自然治癒力を出す(断食が効果的といわれる所以です)

③添加物や化学物質が体内に侵入しないことで、自然治癒力が出るのを待つ

④電磁波の影響を受けないことで、自然治癒力がでるのを待つ

⑤ホコリやダニや寄生虫を吸い込まないようにして、自然治癒力がでるのを待つ

⑥重金属を体内に入れないようにして自然治癒力がでるのを待つ

⑦心のクセや落ち込みや思い込みなどが解放されて、自然治癒力が出るのを待つ

 

ーーーーーー

 

こどもの時分や、自然環境の中で生活していると、体がペースを落として「弱い部分」に歩調を合わせている間に、自然や宇宙の法則が働いて「自然治癒力」が出て、治ります。

 

しかし、そうはいかない場合が大半のようです。

 

ーーーーーー

 

そんな理由から

ぶるぶる整体をおすすめしています

 

さらに東洋医学から、「生活改善方法」をお伝えしますので、②③④⑤⑥などは、生活改善でクリアできます。

 

さらに⑦ですが、瞑想や波動水やヒーリングなどで対応もしていおります。

 

ーーーーー

 

メモ: * は入力必須項目です