[知識] いのちって。

クライアント様1

70代 女性 ペットホテル経営

ーーーーーーーーーーーーーーーー

このクライアント様

結構「シャキシャキ」していて

愛情だの、いのちだの、そんな事は言わないのです

 

しかし、

行動をみていると

 

「いのち」

 

に区別していない様を感じるのです。

 

人間だから

動物だから

 

その線をはるかに超えて

「いのち」を大切にしている様を感じるのです

 

さすが

ペット業界35周年のベテランやわ〜

と、思う。

 

ーーーーーーー

 

当院に遊びにきてくれた

50代 医師

 

当院のホームページに興味を持って

遊びに来てくれました。

 

お話ししていると

虫が

 

結構

でかい虫が

 

反射的に

たたいて殺そうかと

思った僕

 

しかし

その方は虫をみて、

「あっ、こいつ足がへんやな」

「一本ないのかな?」と。。。

 

そして

「全然、私は大丈夫ですよ」と。。。

 

殺すなんて論外の世界

 

きっと

このドクターの患者様は

 

いのち

 

を診てくれている。。。

観てくれていることに

気づいているのでしょう

 

そんなん

幸せやね〜〜

 

ーーーーーー

 

悲惨な事件がある

生産的でない人間は必要ない

 

もちろん

現在の社会保障や年金制度が、経済的困窮を弱者や若者や母子家庭にもたらしている事は事実であり、麻生元首相がそれらの問題をユーモアを交えて「いつまで生きるの」と発言したら前後の文脈は無視して、ボコボコに叩かれる世の中でもあり。。。

 

行き過ぎた

資本主義の中で考えるよりも

 

行き過ぎた

資本主義の中で感じてみる

 

「いのち」

 

を感じてみる

 

そんな国民が沢山増えたら

集合的無意識が変容していって

国全体の雰囲気が変容して

 

あるべき方向へ

自然と変容するんちゃう????

 

 次の記事