[知識]なぜこんなに苦しいのか

 

僕はここ数年

施術うつにかかっていた(笑)

 

施術をする意味が見つけられない

という病気である

 

ーーーーーーーーー

 

大学を卒業して

この世界に飛び込んだ

 

当初は稼ぐ事が成功であると

思い込み、稼ぐ事に全てを捧げた

 

ーーーーーーーーー

 

だから

稼いだ(笑

 

ーーーーーーーーー

 

ここからが

本当の苦難の始まりだった

 

稼いだけれど

自分は疲弊していった

 

満足とはほど遠い

 

学びも徹底的に学んでいるし

稼いだ金も浪費せずに

全て学びに投資しているのに

 

ーーーーーーーー

 

 

パニック障害みたいになった

銀行ではATMが使えない

車の信号待ちは不安でしかたない

満員電車なんと

しかも飛行機なんて。。。

とんでもない

 

それでも

セミナーに通った

 

ーーーーーーー

 

施術する意味が

わからない

 

ーーーーーーー

 

自分は何屋なのか

わからない

 

ーーーーーーー

 

本当に苦しい

日々が何年も続く

 

もう41歳になっていた

 

ーーーーーーー

 

経験が結論を教えてくれた

これでスッキリした↓(笑

 

 

施術とは、自我から離れる強力なツールです

自我から離れる前に、アドバイスをしてあげましょう

①化学物質の悪

②重金属の悪

③潜在感染の悪

④電磁波の悪

⑤精神心理の悪

 

ーーーーーー

 

本日患者さんとの会話

 

⑤精神心理について

 

目から鱗

だったみたい(笑

 

 その感情は◯◯さんの感情ではく、姑さんも感情です。ミラーニューロンが反応して感情を受信してしまうのです。ですから自分を責めないでください。さらには、どんな小さな感情でも放置しないでください。その感情に浸ってください。すると体がその感情を処理してくれます。浮遊感情ほど危ないものはないのです。催眠にかかかつ原因は浮遊感情にあるのです。見てみないふりをする「大人」の対応が浮遊感情を生み出し、催眠にかかるのです。自己催眠、他者からの催眠。その催眠は気づかなければ一生解かれることばないのです。

 

ーーーーーー

 

瞑想

気功

座禅

霊肉一致するような施術

 

これらは

催眠から、支配から、潜在意識から、カルマから、自由になれる最高のツールです。

 

ーーーーーー

 

だから

10年以上おつきあいしている

クライアント様は、若々しいんだ!!!

 

確かに

施術のときだけは

自我から離れている様子だった

 

きもちい〜

いい湯だな〜〜(永六輔は天才だ)

 

って

感じが自我から離れている証拠

 

ーーーーーー

 

ようやく

施術の意味が見つかった

 

ーーーーーー

 

◯魔法陣水

◯波動水

◯気功

◯テラトロン

は強力は瞑想ツールです

催眠や支配やカルマから解放していくれる可能性が高いです

 

ーーーーー

 

コーボルト掃除機は

ダニをすいとり、潜在感染から身を守ります

 

ウイルスや細菌や寄生虫は感情憑依します

さらには、免疫の低下をひきおこします

 

ーーーーー

 

虫歯治療

歯間ブラシ

はみがき

 

は細菌を体内侵入させない、ための必須項目

抵抗力が低いときは、マイナス感情で一杯になります

 

ーーーーー

 

腸内細菌(甘酒 ヨーグルト 麹)

遠赤外線

は免疫を向上させる必須項目

 

ーーーーー

 

電磁波ブロックグッズは

細胞の歯車を正常にするための

必須グッズ

 

ーーーーー

 

サプリメント

キレーション

 

とくにメチル基は

細胞を動かす

解毒する

必須サプリ

 

また

キレーションは

解毒の必須アイテム

 

ーーーーー

 

知識として

遺伝子組み換え

洗剤や肌につけるものの化学物質毒性の恐怖

農薬や土壌の汚染

海や川の汚染

環境ホルモン

 

などを学ぶことは

生きるための必須学問

 

本にかいてあるから

読んで〜〜

 

ーーーーーー

 

 

上記をぜんぶ

組み合わせると

 

ーーーーー

 

施術をする意味が

見えて来るのです

 

ーーーーー

 

施術は

大周天!!!

 

霊肉一致

 

体も氣も

全部含めてリラックス!!!

 

催眠感情から

支配感情から

カルマから

 

抜けることで

自由になる

 

ーーーーーー

 

 

施術に価値あり

 

ーーーーーー

 

先ほどのクライアント様

 

泣き顔が

晴れ晴れしい顔になり

帰っていきました