[知識]法事の席で、お坊さんと

 

 

きょうは

おふくろの命日でしたから

朝から、お坊さんがきて法事〜〜

 

ーーーーーー

 

そのお坊さんと僕は歳が近いので

よく話すのです

 

考え方もどこか同じ路線のような

 

ーーーーー

 

そのお坊さん独特の感性

●命日は誕生日でもある

●お経は坊さんがよめばいい。その後のみんなの会話が大切です。それは心から話す言葉だから。それがお経となって、故人に届くんです。

 

ーーーーー

 

タニはいろいろと気づく

●ある書籍に書かれていた言葉→死は生であり、生は死である。

●この世に残された人の気づきは、先祖にまで気づきを及ぼす。

 

ーーーーー

 

死ぬということは、哀しいことではなくこの世での修行を終えてあの世に生まれるということかもしれません。この世に生まれるということは、あの世で死ぬということかもしれません。それを繰り返しながら意識を成長させているのでしょう。この現実は夢であり、あの世が唯一の現実かもしれませんね。

 

さらに、気づくということはビッグバンです。その衝撃は時空間を超えて先祖まで到達し、それらの意識にも変容をおこすようです。意識は私たちそのものであり、生まれる事もなければ、死ぬ事もないようです。

 

ーーーーー

 

この

お坊さん

 

すごく

付き合いやすい

人柄で、良心的な人です

 

ーーーーー

 

真言宗/御室派

慈雲院  川井英昭 さん

 

0877-42-0957

 

ーーーーー

 

最近、永代供養もはじめたそうです。

一休さんに少し似てる(笑)

 

ーーーーー

 

次の記事