[知識]ホリスティックかホロトロピックか

 

 

いのちと氣

 

天外伺朗

矢山利彦 著

 

ーーーーーーーーーー

 

本文より抜粋

 

かつて池見酉次郎医師は

「ガンの自然退縮には、患者の意識の実存的変容が必要だ」

と述べた。

 

ホロトロピックセンターでは、これを逆に捉えます。

 

つまり「変容」を病気の「治癒」としての手段として見るのではなく、「変容」こそが人生の目的であり、「病気」はその絶好のチャンスだ。と捉えます。

 

それは、人間にとって「意識の成長、進化こそが最大の宿題だ」という基本哲学にのっとっているからです。

 

ーー

 

「ホリスティック」が医療に焦点をあてているのに対し「ホロトロピック」は意識の成長、進化を中心に考えているのです。

 

ーー

 

なぜ、意識の成長進化かといいますと

人間の体は老いていきます

しかし、意識は死ぬその瞬間も成長しつづけているのです

 

ーー

 

谷はこの文書を読み

さらに深く腑におちたのです

 

症状ではなく人間を診る

 

この基本概念を軸に治療をしていますが

 

人間とは何か?という質問により深い答えがえられたような気がします。

 

意識の成長、進化を中心にクライアント様を観る

それは、自然の摂理に叶ったものであると腑に落ちました

 

「意識」

 

この言葉を何度も聞いておりますし

人間と意識を理解してきたつもりです

 

しかし

この2人に言われると

 

知る→理解する→湧き起る(悟り)

 

という、谷が提唱している学びの3段階の

湧き起るという部分に踏み込めそうな氣がします

 

ーーーー

 次の記事