[知識]村上春樹と潜在意識

 

denda mitsuhiro さんの著書

「驚きの皮膚」

 

ーーーーーーー

 

その中にあった

気になる文書のご紹介です

 

ーーーーーーー

 

村上春樹さんの

エルサレム賞受賞時のスピーチから

 

ーー

 

こう考えてみてください

我々はみんな多かれ少なかれ

それぞれに一つの卵なのだと。

 

かけがえのないひとつの固まりと、

それをくるむ脆い殻を持った卵なのだと。

私もそうだし

あなたがたもそうです。

 

そして

我々はみんな多かれ少なかれ

それぞれにとって硬い大きな壁に直面しているのです

 

その壁は名前を持っています

それは「システム」とよばれています

 

そのシステムは

本体は我々を護るべきはずのものです

 

しかし

あるときにはそれが独り立ちして

我々を殺し

我々に人殺しをさせるのです

 

考えてみてください

 

我々の1人1人には手に取る事のできる生きた魂が在ります。

 

システムにはそれはありません

 

システムに我々を利用させてはなりません

 

システムを独り立ちさせてはなりません。

 

システムが我々を作ったのではありません

我々がシステムを作ったのです。

 

ーーーーーーーーーー

 

この文書を引用して

著者であるdenda さんはこう述べています

 

ーーーーーーーーーー

 

システムは我々が作ったのです

理由は、生存する本能が働き

システムを作ることで、生存に有利に働いたからです

 

しかし、そのシステムが暴走しはじめ

殺し、殺されるという現代になっているのです

 

その理由として

「意識」だけが人間の認識、判断、行動を担っていると考える誤解からです。

 

ーーーーーーーーーー

 

著者の意見や、タニの私見を交えて

考察してみると、こうなります

 

ーーーーーーーーーー

 

ほとんどの行動は「無意識」が源になって発生します

ですから、「神」の声を聞いていた時代には

バランスがとれていたようです

 

「無意識」があなたの行動や思考に、どれほど関わっているか知り、

さらには生活に活用している人は、現代には少ないです。

 

ーーーーーーーーーー

 

気功

瞑想

波動水

天然石

パワースポット

 

ーーーーーーーーーー

 

これらを

生活に取り入れ

活用する時代は

すでに訪れています

 

ーーーーーーーーーー

 

ちなみに

世界各国の

主要空港には

瞑想ルームがあることを

ご存知ですか?

 

 

次の記事