[ひとりごと]矢山式気功から

 

バイオレゾナンス医学会の

矢山先生より

 

気功を習っています

 

ーーーーーーーーー

 

中国のすごい気功師は

気功を指導して

多くの患者を回復させているようです

 

ーーーーーーーーー

 

矢山先生はこのように教えてくれました

「立禅できれば患者ではないよ」

 

矢山先生も患者さんに

気功を指導しているようです

 

そのなかで

立禅(立てって宇宙の氣をとりこむ)

できれば、それは病人ではない

という意味です

 

ーーーーーーーーーー

 

谷独自の考えですが

立禅する前には

準備が必要です

 

①物質的準備

②エネルギー的準備

 

①の説明

筋肉 骨格 神経

のバランスをととのえておくことが大事

 

このために

クラシカルオステオパシーや

各種ボディーワークを継続して受けることが大事

 

②の説明

毒素波動

有害金属波動

感染波動

感情波動

電磁波波動

住環境波動

先祖、霊などの波動

チャクラの滞り

経絡の滞り

 

これらの波動を修正することが大事

 

波動水

魔方陣水

イヤシロチポット

テラトロン刺激療法

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

いろろな気功のやり方を教えます

 

自分で治す

 

この気持ちが

何より大切です

 

 

気功を習慣にして

自分で治しましょう

 

ーーーーーーーーー

 

歯科治療

解毒栄養療法

 

これらも、受けることをおすすめします

 

ーーーーーーーーー

 

さらに

乳酸菌

低温サウナ

ココナツオイル

 

ーーーーーーーー

 

自分で治す

 

お手伝い

 

それが

三条健康堂です

 

 

次の記事