[知識]潜在感染が原因です。免疫力との関係を学ぶべし!!

 

 

こちらの記事をよんでください。

o157感染の19年後に死亡 閲覧注意

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

病原菌に感染する

それを押さえ込むのは

「免疫力」「自己治癒力」と呼ばれるものです

 

ーーーーーーーーー

 

それらが

低下した状態だと

 

病原菌は動きだし

発病して悲惨なことになります

 

ーーーーーーーーー

 

免疫低下の理由

 

◯事故やけが

◯手術

◯多忙

◯ストレス

◯添加物 化学物質

◯電磁は

◯有害金属

◯公害

◯ショック 身内の死

◯ほか多数

 

ーーーーーーーーー

 

生活環境により

免疫力は低下します

 

すると

病原菌がうごきまわり

発病します

 

ーーーーーーーーー

 

さらに

ややこしいことに

 

ーーーーーーー

 

病原菌のエネルギーが残るだけ

でも「発病」します

 

実際に実験している

お医者さんがいます

 

うさぎを使った実験でした

 

ーーーーーーーー

 

逆にいうと

ホメオパシーのような

 

エネルギーしかのこらないまで薄めたエッセンスなどを使用して

効果をあげる療法も欧州では盛んに行われています

 

ーーーーーーーー

 

抗生物質では

全ての菌を排除できないのです

 

ですから

免疫力を向上させ

 

エネルギー検査をして

菌を特定して

 

漢方や

エッセンスや

天然石や

波動水で

 

菌のエネルギーを減退させる

習慣をつけるべきです

 

ーーーーーーーー

 

 

免疫力はこうすれば向上します

①背骨の手技療法

②リンパの手技療法

③サプリメント(専門医処方、専門セラピスト処方)

④解毒(低温サウナ キレート剤)

⑤遠赤外線照射 遠赤外線サウナ

⑥乳酸菌

⑦気功

⑧立禅

⑨瞑想

 

ーーーーーーーーー

 

 

歯科は必須です

①歯磨き

②歯間ブラシ

③根幹除菌 (オゾンなどを使い)

④ノンメタル治療

⑤オゾンをつかった除菌

⑥抜歯(場合によりけり)

⑦ボーンキャビテーション治療

 

次の記事