[知識] 自己治癒力が向上するためのイメージ

 

まずは、

これを覚えておいてください。

 

細胞が入れ替わる日数

 

①胃腸(内壁) 2-5日

②心臓  22日

③皮膚  29日

④胃腸  40日

⑤筋肉 肝臓  60日

⑥脳  70日

⑦骨  90日-200日

⑧赤血球 100-120日

 

年齢にもよります

体調にもよります

 

そして

人間が全て入れ替わるには

5−7年といわれています

 

(注意 中枢神経は細胞分裂しません)

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

統合医療予防協会より抜粋 ↑

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

谷には疑問がありました

学生時代からずっと

 

それは

人は細胞が新生されるのに

なぜ、病気が続くのか?

 

という疑問です

 

その理由が最近腑に落ちました

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

ここからは、

自己治癒力が向上するイメージを書きます

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

①人間は絶えず細胞が新生します。

②古い細胞は自爆する機能を持っています。

③DNAの中は「遺伝情報」です。

④その情報が、歪んでいると「歪んだ細胞」を新生します。

⑤「遺伝情報」とは、潜在意識のお話しにも通じると思います

●前世

●先祖 家系

●霊

●土地のエネルギー 

●幼少期のトラウマ

●罪悪感などの「思い込み」

 

これらの「情報」は常にアップデートされてDNAもしくは体全体にインプットされ続けています(ホログラフィック理論参照)

 

この世は「陰陽」の世界で「二元性」の世界です。

遺伝情報のなかも、「陰陽」にわかれるようです。

「+の情報」と「−の情報」とにわかれます。

両方とも常にアップデートされ続けています。

 

ということは

DNAの中にある「遺伝情報」を書き換えるのではなく、自分の意識の立ち位置を「中庸」にするような施術を受けると良いのです。

 

理由: この世は「陰陽」ですから、「+と−」が存在することで成り立っているのです。それは自然の法則ですから「変える」ことはできません。明日昇る太陽を、南から昇るように努力するでしょうか?(笑)それよりも「自分の意識に気づき、立ち位置を変える」ことが対せつなのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

その方法

①波動水作成

②ホメオパシー

③カウンセリング

④催眠療法ヒーリング

⑤クラニアルバイオダイナミクス

⑥サトルボディーヒーリング

⑦気功 瞑想

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

などです。

 

次に大切なのは

環境です。

 

美しい細胞が生まれてきても

環境がドロドロなら、すぐに悪い細胞に変化します

①重金属が体内に溜まり、毒素だらけ

②化学物質、添加物が体内に溜まり毒素だらけ

③アマルガム パラジウム などの歯の詰め物から常に毒素が体内に出ている

④真菌や細菌、寄生虫などが体内に沢山いる

⑤電磁波の影響を強くうけている(体内静電気 酸化還元も含む)

⑥ストレスの強い社会環境 生活環境で生きている

⑦背骨の歪み 筋肉のコリを解消する

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

などです。

 

これらがあると

美しい細胞は新生されずに

歪んだ細胞ばかり新生されます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

自己治癒力を向上させるには

ぷるぷるの美しい細胞が必要です

 

それを新生すると

自己治癒力は向上します

 

①DNA情報の書き換え

②解毒をする

③栄養を摂取する

④体内静電気を取り除く

⑤細胞に還元イオン電気をチャージする

⑥歯の治療をする(ノンメタル療法+根管療法 細菌を消毒)

⑦真菌 カビ 寄生虫 細菌 ウイルス をやっつける。(お薬+ココナッツオイル)

⑧ストレスの高い生活を改善する 手放してみる。

⑨家を掃除する(ダニ 細菌 寄生虫)

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そこで重要になるのが

①よい歯医者に通う

②分子栄養学を専門にする医者に通う

③よいカウンセラーに出会う

④よい波動療法師にであう

⑤よい掃除機にであう

⑥ココナッツオイルを食べる

⑦ココナッツオイルプディングを調べる

⑧よい身体施術家にであう

 

ということです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

継続目安の

第一目標は半年です。

 

そこから

こつこつ続けて

 

7−8年続けてみる。

費用が高額なのは最初だけです

 

投資と思ってください。

 

次の厄年まで

続けてみる

 

すると

人生が変容しているはずです。

 

そして

厄年とは

 

自分に与えられた

「役」

を知る歳だということに

 

心底気づくと思います

 

 

次の記事