[つぶやき]    本日もブログ更新。謎を解き明かす旅にでる。

治療にたずさわり

癒しにたずさわり


クライアント様の人生を少しでも

心地よくするとうリトルジョン博士の哲学にたずさわり


いまも、探求をつづけています


ーーーーーーーーー


何を探求しているのか?


一言でいうと

「生命力とは、どんな感じなんだ?」


を探求しているのです



何年も治療をしていると

「違和感や嫌なリズム」は手に取るようにわかります


それは、一般の方が想像する以上に

正確に、奥深く感じるようになります


しかし

「生命力の感じ」を体感することは至難の業です


生命力には神業が宿ります

生命力こそが世界最高の「薬」であり

副作用なく癒し、回復させるのです


それは、まさに神業です


その生命力を誘導する

その生命力を発動させる


これが、代替療法家の本文です。


なのに

生命力を体感したことがある

代替療法家は、少ないのではないでしょうか?


なにか

本末転倒のような氣がします。



生命力を一言で表すと「静謐」です。

 

それは、神社の空気感と言われています

数年前から、いろいろな教会や神社をまわり

静謐を体感しています

 

すると

治療がうまくいくのです

 

しかし

その「静謐」はすぐに消え去ります

 

自分が静謐であるようにそこに在る

すると分度器の法則がはたらいて

 

自然にクライアント様の体が反応しはじめる

それは生命力が働いている瞬間です

 

言い換えれば

神業が連続して起こり、

人知を超えた何かが連続して起こっているのです

 

ーーーーーーーーーーーー

 


 

代替療法には時間が必要です

代替療法には手間が必要です

代替療法は現在社会のスピードと反比例しています

 

しかし

あなたは「静謐」そのものなのです

 

静謐とは生命力です

 

静謐と現代社会のスピードは

そりがあいません

 

薬と現代社会のスピードは

相性が良いようです

 

 

静謐と現代社会のスピード

そこに不協和音が生まれ、

それが雑音になったとき、

あなたは何かを発症するのです

 

病気になるのです


薬を使うのか

静謐になるのか

社会のスピードから距離をとるのか

 


何を選択するのか

今から考えてみるのもいいかもしれませんね



ーーーーーーーーーーーーーー

 


 

次回は出雲の静謐を書きたいと思います

 


 

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です