[知識]     本日もブログ更新しました、首の付け根と症状の関係について。顔と頭の循環について。

首の付け根と、肩甲骨の間の上のあたりが違和感がある場合、筋肉に問題が出るようです。

顔面、扁桃、目、首、松果体、このあたりに関係する筋肉が縮こまります。

さらには、腸の中の筋肉も縮こまります。

専門用語で言うと、上腸間膜動脈神経節と言う所に関係するからです。

要は、五感と腹に問題が出てくるのです。すると、フラフラ感を感じたり、だるさ、やる気のなさ、免疫力低下、時差ぼけ、顔面神経痛などを発症をし始めるのです。もちろん、極度の疲労感が抜けないということもあるでしょう。

このような場合は、迷わずクラシカルオステオパシーを受けてください。クラシカルオステオパシーは、体の調律をする代替医療です。体のそれぞれのリズムを熟知したクラシカルオステオパスがそのリズムを正常に優しく戻すと言う専門職です。

お気軽に予約してください

090-1176-87216
院長谷まで