耳が聞こえなくなる症例

難聴になったのがきっかけで、
7年前から通われているクライアント様

治療をすると
耳が聞こえやすくなる

そう言われながら、7年間通ってくださっています。

先週のことです
急に耳が聞こえなくなったのだと、メールをいただきました。そしてすぐに治療してほしいとの事でした。

ですから、
すぐに来てもらいました。

お話を聞いてみると、3日ほど前から耳の調子がおかしくなり、今は補聴器を入れても聞き取りづらいとのことです。

僕の声もあまり聞き取れませんでした。
クライアント様の声は、以前よりも明らかに大きくなって、聞こえづらさを表しています。

心の動揺も見られます。

お医者さんに行くと、神経を回復する薬を処方してもらったといいます。


どうやら、難聴と言うのは7年周期でどんどん悪くなっていく場合があるようですと、クライアント様が教えてくれました。

そうです、ちょうど7年目なのです。
そこで、体の波動調整と、カラーボトルを使った波動調整、さらにはオステオパシーを混ぜたセラピーを行いました。

結果からいいますと、
本日3回目です。

1週間のうちに3回通ってくださいと言いました。その、3回目です。

補聴器なく聞き取るようになり、
以前の聞き取りやすさに限りなく近づいていることに本人は驚いていました。今日は補聴器なく普通に会話を交わしました。もちろん、本人の声はいつものように穏やかな音量でした。

急激に変化する場合、それは急性でもあります。急性の場合は、詰めて通うと本人も驚くような効果があるようです。

今回の施術内容に関しては、シークレットですのでここでは書きませんが、ご本人さんのエネルギーレベルは、当初は、ゼロでした。本日ようやく6あたりに戻ってきました。

この急激な変化に大きく影響しているのは気圧です。そうですお天気です。最初その話をしたのですが、信じてもらえませんでした。気圧と血流そして感情、カルマ、土地、霊、など全ての面から施術することが大切になってくると思っています。