運命について

卜 相 命

 

卜とは、タロットやサイコロのような占い

相とは、手相や人相占い 3ヶ月で変わる

命とは、算命学のような、運命を知る占い

 

ーーーー

 

ジュリアンジェインズは、3000年前に「心」が創発したことを証明しようとしました。

 

丁度その頃、孔子は心の使い方を論語で書き記しました。当時、心という漢字はまだありませんでした。

 

3000年前の文明では、人々は命(運命)に従って生きていたようです。(人生のシナリオ、ブループリントとも言う)

 

ーーーー

 

心が創発したのは、対化が原因だと私は考えています。陰陽と同じで、似て非なるものがなければ共に存在できないと言う、自然の摂理でしょう。

 

その摂理はやがて混じり合うように働きます。これも自然の摂理のようです。

 

現在では、運命を書き換えたり、微調整するようなヒーリングやカウンセリングもあります。

 

遡ると、空海や法然や親鸞も、斬新的な思想で多くの方の人生を豊かに、安心でき、希望に満ちたものに導こうとしていたようです。

 

ーーーー

 

卜と相を繰り返す(気づきを繰り返す)と命(運命)を書き換えることや、微調整することができるようです。

 

運命とは集合的無意識に大きく影響を受けて、当初設定していた運命とは異なったものになっていると言う見解もあるようです。

 

ーーーー

 

気づくこと

雰囲気を変えること

受け入れること

 

これらは

非常に大切なキーワードになるようです

 

ーーーー

 

施術が終わると、雰囲気が明らかに変容します。これは運命の微調整、書き換えの一助になっていると思います。

 

医療は死生観を最も必要とします。

それをないがしろにして、サイエンスのみを追いかけると片手落ちになります。

 

病気の意味

生きる意味

生きている摂理

人生の摂理

世界と世間の違い

 

これらに気づき、どのような人生を送るかを決めるのは、医療者ではなく、クライアント様です。そのサポートを単純明快に淡々とこなしていく。

 

それが

2019年の三条健康堂の在り方かもしれません。