筋肉を切らないから、早期回復

徹底的に叩き込まれた解剖学


身体知性より引用
姫路市の大室整形外科脊椎関節クリニックで整形外科診療行っている横山医師は、患者の筋肉をできるだけ損傷せずに、手術することで人工股関節の手術の入院期間を7日という短期間で退院できるまでにしました。

横山医師は、学生時代に山田学派の解剖を叩き込まれており、日付が変わるまで解剖実習をした経験が、今の成果につながっていると述べています。


施術も同様に、解剖学を学ぶことで圧倒的に、正確に触れることができるようになります。すると、余分な刺激を排除できるようになり、クライアント様の体に負担をかけない施術が出来るようになります。

また、イメージと感覚が鋭くなることで瞬時に、施術必要箇所を、特定できるようになります。

高齢になればなるほど、無駄な刺激がない方が効果がよく出ます。

これからは高齢化の時代です。2042年がピークになると予想されています。ピンピンころり。理想の人生を送るためには、効果的な施術が必要不可欠になってくると思います。

香川県高松市の疲労回復
090-1176-8726
20時まで予約可能です
45分4,000円
お気軽にお電話下さい