痛みと対症療法

大切なこと

 

 

痛み

しびれ

不快感

不調

疲労

 

対症療法:副作用の少ない対症療法は日常に必要だと考えています▲理由→人間心理学を唱えたマズローは、最初の段階に生理的欲求を挙げています▲要するに「何を差し置いても、生理的欲求を満たすことが誰しも最優先される」という意味です。

 

副作用:対症療法には悪いイメージが固着しているようですが、副作用をより少なくして症状を抑えることは日常生活の中で必要になります

 

根本療法:生活習慣の改善、心の癖の改善、遺伝子、環境移転、解毒、ウイルス、細菌、寄生虫、などが挙げられます。免疫系統はすごく複雑で、個人差があります。それらが少し誤作動して発動すると、症状は一気に噴出してきます。その改善には遺伝子をはじめ、適切な生活習慣の改善が必要になります

 

ーーー

 

おすすめ:副作用なく対症療法をして「症状を抑える」次に、少しずつ生活習慣やあれこれを改善していく 時間をかけて。寄り道しながら、つまづきながら。

 

そうやって、豊かで、満たされた人生をビジュアライズするコツを学ぶ

 

人生はツキとコツが肝要になります