疲れはこうやってパフォーマンスを落としていく。

頑張らない

 

 

アメリカの野球界は、体への負担も考慮して、ピッチャーが1人で9回まで投げ切る事はありません。

疲れが溜まってくると、まず股関節の動きが悪くなります。

 

すると体重移動ができなくなります。

 

その上、上半身がうまく回転しないので腕も振れないのです。

 

ですからすぐに、ヒットを打たれてしまいます。
疲れがたまっていない場合は、重心がぶれることなく腕を振ることができるので、確実に100球まで投げられるといいます。
スタンフォード式疲れない体より引用

 

読んでいただきありがとうございます。

これは日常生活においても同じことが言えます。

 

疲れが溜まってくると、下半身が動かなくなり、やがて上半身も動かなくなってくるので、動作が億劫になってきます。そして、判断能力がどんどん落ちてくるようです。

疲労回復には、ほぐし、整体、気功が非常に効果的です。
香川県高松市の疲労回復、整体、
090-1176-8726
20時まで予約可能
45分4000円
交通事故施術もご相談ください。