「死への恐怖」にどう向き合う ――死期迫る人に寄り添う臨床宗教師

死期が迫ったら、あなたは何を思うだろうか。肉親の死が迫ったら、あなたには何ができるだろうか。末期がんなどで死を宣告された人の多くは、現実を受け入れることができず、大なり小なり精神的に苦しむという。死への恐怖、生きる意味の喪失、人生の後悔……。そうした揺らぎとどう向き合うのか。「臨床宗教師」はそんな人たちに寄り添う存在だ。牧師や僧侶などの宗教者であり、避けられない死を控えた人々の心理的ケアを行う。その活動に密着しながら、「多死社会・日本」の断面を追った。(Yahoo!ニュース 特集編集部)

病院での「カフェデモンク」とは?

7月19日の午後。臨床宗教師の井川裕覚さん(33)は埼玉県上尾市にやってきた。この日も猛烈に暑い。

井川さんが向かったのは、上尾中央総合病院の緩和ケア病棟だ。ここでは月に2回、「カフェデモンク」というイベントが開かれている。「モンク」とは、修道士や僧のこと。病棟のラウンジを使い、死への悩みを抱える患者や家族らと臨床宗教師が対話する場だ。

見えるもの至上主義

無知でいいのか?行き過ぎた資本主義の末路

 

スーパードクターがすべてを治してくれる。楽しいのが人生である。楽しければそれでよい。楽しまなきゃ。技術の進歩はきっと死を遠ざけてくれる。

 

そんな風潮が心のどこかにある。

死をみない

生への執着を最良として

死を穢れのように扱う

 

そんな現代の風潮に

そんな風潮に飲み込まれそうな

自分自身に。。

 

警笛を鳴らしたい

 

ーーーー

ーーーー

ーーーー

 

138億年宇宙の創発以来

複雑化を繰り返し、

その困難は一度も間違えることなく

何も欠けることなく

今の私たちを創り出してくれている

 

その力は、いまも悠久の時を超えて私たちに届いている

 

次の世代によりより環境でバトンタッチする

 

それが、人類共通の天命ではないだとうか?

 

細胞分裂して、新しい細胞が生まれる確率は、一億円の宝くじが一万回連続当選する確率と同じだと、村上和雄先生の著書に書いていました。

 

奇跡の連続に生きている

今、奇跡が起き続けている

 

それを

再確認すること

 

大切なことだと思うのです

 

自我を超越する努力よりも

自我を超越している事実に気づく努力が

 

今を豊かにし

死を嬉しいものにするのかも

 

しれません

 

ーーー

 

三条健康堂

予約090-1176-8726

10:00-20:00

45分4000円