施術が必要なホモ・サピエンス

人類5000年史より

 

ホモ・サピエンス

それは「賢い」というニュアンスを含んでいるそうです。

 

2足歩行になったことで

骨盤の大きさが制限されるようになった

 

脳の異常な発達により

頭が大きくなり、脳は20パーセントものエネルギーを常時、身体から必要とするようになった

 

ーーー

 

制限されるようになった骨盤(産道)は小さく、反対に頭が大きくなるスピードは速くなりました。

 

その為に、頭が産道を通れるうちに出産する必要が出てきました。

 

他の動物に比べて

①出産までの期間が短い

②それゆえに、長期間世話を受けなければ人間の赤ん坊はすぐ死んでしまう

③人間の早産は上記の理由から非常に危険である

 

ーーー

 

進化の歴史からみると

施術(ケア・世話)を受ける理由を考えるよりも、施術を受けることが、人間にとって「自然の摂理」であると言えます。

 

世話をされないと、ケアされないと、死んでしまうように進化してきたのです。

 

2足歩行

脳の進化

 

そのような身体を持っている私たちは、何歳になっても施術を受ける摂理の中に存在している。。

 

ようです

 

三条健康堂

090-1176-8726

45分4000円

10:00~20:00