感染について


マスクの適応

 

感染の防止にマスクは大切です

しかし、ウイルスはマスクの網の目よりさらに小さいので

やはりマスクだけでは防げません

 

マスクをつける心得

①人混みの中はマスクをつけて、飛沫感染の防止を他人のために行う

②人混み以外では、マスクをつけない(夏、猛暑、熱射病防止のため)

③布マスクを頻繁に洗うこと(カビ ウイルス)

 

マスクのカビやウイルスは非常に危険です

①すぐに口蓋垂に貯まり、免疫異常を引き起こす

②酸素不足になるので、免疫低下を引き起こす

 

ーーー

 

マスクを的確な場所で的確に使用することが寛容です

 

お問い合わせはこちらから


メモ: * は入力必須項目です