最悪の599人

学校起因が最多

学校についで健康と家庭

なんとかできるはず

 

教育は安心からはじまると思います

ポリベーがる理論(迷走神経の理論)でも「安心と安全」がいかに「健康」を左右するかを説いています

 

ーーー

 

家庭環境不安

食 栄養 睡眠 などの生活環境不安

学校(情報空間のもつれ・sns ・ガヤな情報の氾濫)

 

ーーー

 

解決策

①大切な情報とガヤ・ヤジ情報を区別すること

②これは良い方向にすすんでいると、考え方を書き換える癖をつけること(どんなに悪いことでも)

③図書館で読書する癖をつけること(読書が希望や知恵をもたらすパワーは半端ない)

 

さて、さらに睡眠問題を知ってください

○中学生や高校生のサーカディアンリズム(体内時計)は成人よりも②時間から③時間ほどずれています

○例:朝⑩時の始業時間であれば、最悪599人は激減する(体内時計の乱れはうつ症状様相を発症します)

○例:深夜12時から1時に寝るリズムが思春期に体内時計リズムです

○量ではなく、栄養の種類を摂取すること(タンパク質→アミノ酸 酵素 補酵素 )

○ベーシックインカム 補助金 減税 無償化 を進めて家計に安心をもたらすこと