脳震盪状態で仕事をしていた?

寝不足で特殊なテストを受けると、脳震盪を起こしている人のテスト結果と同じ結果が出るのです。

陥りがちな睡眠不足もまた、脳に様々な障害をもたらします。

眠らないと、疲れと生産性の低下を招く事はもちろん、そのまま放置していると脳震盪と同様に日常生活に支障をきたすレベルの危険因子になり得る、ということなのです。

スタンフォード式疲れない体より引用

睡眠導入剤を利用している方は、当院にもたくさんいらっしゃいます。実はスタンフォード大学は、睡眠に対する研究が最先端で、7時間前後の睡眠時間がなければ、脳に疲労物質が溜まり、認知症などのリスクが急激に高まることを証明しました。

すぐに眠れるようにはならないので、当院で行っているデジタル気功を1セット8回コースで継続されると、効果的かと思われます。

45分4,000円1回
090-11176-8726
担当谷までご予約ください。

香川県高松市の整体院