生きる説明書

ポリヴェーガル理論より

 

単純明快にQOL(医療が求めている生活の質の向上)を書いてみます。参考:ポリヴェーガル理論

 

ーーーー

 

着地点:社会的交流から幸福を感じる

 

ーーーー

 

ネガティブ面

①ストレス→闘争か逃走反応

ポジティブ面

①ストレス→闘争か逃走反応→あそびにかわる

 

補足:あそび→じゃれあい 犬同士のじゃれあいは「噛む」ではなく「甘噛み」です(闘争) 追いかけっこも順番がかわる(逃走)

 

ネガティブ面→シャットダウン反応(不動化)例:失神・除脈・無気力・起きれないなど

ポジティブ面→シャットダウン反応→良い不動化

 

補足:良い不動化→お産のときの状態(恐怖なく、激痛に耐え、産む)瞑想状態(脱力 リラックス 安心 安堵)

 

補足2:良い不動化にはオキシトシンの関係が欠かせない(他者との親密性 愛着 出産・授乳 組織修復 などに関係する)

 

ーーーーーー

 

要約

トラウマ・ストレス・信念・教育などから。。。

①闘争スイッチ

②逃走スイッチ

③シャットダウンスイッチ

 

が、

 

●ネガティブ面で発現してしまう

●TPOにあわず、場違いなところで発現してしまう

 

ことが、人生を苦しくしているようです

 

ーーーーー

 

セラピーを継続することで

●ポジティブ面で発現するようになる

●TPOにあった発現(スイッチオン・オフ)ができるようになる

 

ーーーー

 

すると

哺乳類だけが持つ

 

「社会交流から得る至福」を容易に体験できるようになる

 

ーーーー

 

自分の反応はすべて、間違いではないのです

 

ネガティブ発現も

ポジティブ発現も

場違い発現も

 

すべて、命を守るための正しい反応です

 

ーーーー

 

ただ、スイッチのはいるタイミングが違うだけです。

 

それは、セラピー可能です

 

ーーー

 

セラピーの指針

①生活習慣改善が主軸

②副作用なく症状軽減させることが副軸

ーーー

 

分類(生活習慣改善)

①解毒②混線③口ぐせ④好転⑤掃除⑥体操

分類(症状軽減)

①音響療法②温熱療法③身体調整④解毒療法

 

 

 

45分4000円

090-1176-8726

三条健康堂

10:00-20:00

お気軽にご予約ください