脳を疲れささないためのホルモン

冷え性と深く関係

ホルモンは、脳を疲れさせないために分泌されています。
例えば疲労が蓄積しすぎてホルモンが枯渇した状態だと
①目の下にクマができます。毛細血管の流れが悪くなって皮膚が低酸素状態になることから目の下のクマは起きます。要するにホルモンが枯渇して、疲労回復できていない証拠です。
②肌が冷たくなる。毛細血管が流れが悪くなると、酸素や栄養が隅々まで行かなくなるので体温が低下します。そのまま放っておくと、代謝に関わる他のホルモンにまで影響が出始めます。
甲状腺ホルモンは、体温を平壌に保ったり、体の代謝を高めてくれるホルモンですが、甲状腺ホルモンの親方は脳です。
ホルモンが枯渇して、脳が疲労状態にあると、甲状腺ホルモンをバランスよく分泌するための命令ができなくなり、代謝もどんどん落ちてきます。
このように、疲労と、ホルモンと、悪循環がセットになり、どんどん病気になっていくという寸法です。
香川県高松市の整体
45分4,000円
20時まで予約可能
090-1176-8726
お気軽にご予約ください
交通事故の保険も取り扱いしております。お困りの方はご連絡ください。
高松 難病 疲労回復